ディーラー下取りの落とし穴!新車購入で車を売るときの注意点

pixta_7192625_M

新車を購入するタイミングで、それまで乗っていた車を処分するという機会は非常に多くあります。
新しく購入する車の頭金やローンの負担を軽減するためには、
使わなくなった車をお金に換えてしまった方が良いのは間違いありません。

しかし、その際には注意しなければいけないポイントがいくつかあります。
すべてを実践するのは大変ですが、出来うる限りのポイントを実践していくことが大切です。

まず、重要な事が「下取りと買取りは違う」と言う点を良く理解することです。
車を売る方法として良く利用されているのは「買取り」と呼ばれている方法で、中古車買取業者に依頼をして車を売る方法です。
現状、単に「車を売る」と表現する場合、主にはこの買取りを指していると言えます。
しかし、ほとんど似たようなものとして認識されている「下取り」と言う方法があるのですが、厳密には買取りとは大きな違いがあります。

下取りというと「ディーラー下取り」と言う状況が大半です。
独立した中古車販売店でも下取りに対応してくれるところはありますが、厳密に言うとそれは下取りではなく買取りであると言えます。
下取りの大きな特徴として、中古車査定をするための基準が買取りなどとは全く違ったものを採用しているという点があります。

下取りにおける評価基準はメーカーが独自に設定する評価基準であるため、一般的な市場のニーズなどはほとんど影響を与えていないものです。

あくまでもメーカーがその車を評価する為の基準を採用していて、市場価値よりも性能などの面を大きく反映しています。このような特殊な状況であることから、下取りというと基本的には「ディーラー下取り」を指すことになります。

新車購入時人ディーラーを利用し、下取りを希望する場合の注意点は、「その方法以外にも比較目的で利用してみる」と言うことが大切です。
前述のとおり、下取りの場合は基準が特殊であるため市場価値よりも大幅に低い評価になってしまう可能性もあります。
当然、逆に良い結果をもたらすことも多々ありますが、少なくともリスクを減らすという意味で比較要素は多い方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>